前田智に名球会ブレザーが贈られた・カープについて妄想的に語る

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田智に名球会ブレザーが贈られた


前田智は先日に広島県民栄誉賞も受賞してプロ野球での2000本安打とはすごいことなんだとあらためて思い知らされた。

会長の金田正一と広島カープOBの山本浩二が前田智にブレザー届けに参上。

名球会は入会資格などいろいろ問題があるが2000本安打を前田智がプロ野球で残した実績が評価されてのものなのでそんなことは別の話だ。

元広島の金本知憲もあと30安打ぐらいで2000本安打に到達しそうだ、広島のユニフォームで達成して欲しかった。

中日の山本昌と金本知憲とどっちが次に名球会入りをするのか、山本昌は2006年までに191勝しているが今シーズンはまだ2勝しかしていない年齢的にも達成が微妙だこれからの7勝はものすごくたいへんだろう。


1日に通算2000安打を達成した広島の前田智徳外野手に、日本プロ野球名球会の記念ブレザーが11日の広島―阪神戦の試合前に贈呈された。金田正一会長と、会員で広島前監督の山本浩二氏からブレザーを着せられた前田智は、恐縮しながら満面の笑みを浮かべた。山本氏は「自分のことのようにうれしい。あれだけの故障があっての達成だからね」と、両アキレスけんの手術を乗り越えての偉業をたたえた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000148-jij-spo


Copyright © 広島CARPの優勝を信じて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。