福井優也のコントロールに今後も注視!・カープについて妄想的に語る

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井優也のコントロールに今後も注視!


ケーブルテレビで西武とのオープン戦をちょっと見学した。大竹の次に登板してきた福井君だがボールの速さは大竹より確実に良かったが、相変わらずの微妙なコントロールで見ていてドキドキ。

投手コーチの大野さんも新人のころはコントロール悪かったらしいが、福井君は大野コーチのように良い投手になってくれるのだろうか?


観ていて気になったのは中村、中島などオーラをまとっているような実績のある打者になるとボール球を連発するようになる。

ボールの球速やキレは同じ早稲田大学の同僚斉藤祐樹よりも良いようにみえるのだがコントロールがものすごくカギをにぎってきそうな投手だな。

<オープン戦:西武0-0広島>◇14日◇西武ドーム
 広島福井優也投手(24)は、“怪投”で無失点に抑えた。4回から2番手で登板。無死一塁から、中村剛也内野手(28)に対し3ボールとしたが、4球目 で一飛に打ち取った。さらに暴投が絡み2死三塁とピンチを広げたが、今度は浅村栄斗内野手(21)に対して2ボールからの3球目で三ゴロに仕留めた。6回 も1死から四球と死球で1死一、二塁とするも、併殺打で切り抜けた。「体調はずっといいので、あとは気持ちのコントロールとバランスです」と課題に精神面 を挙げた。

(引用:YAHOO!JAPANニュース


Copyright © 広島CARPの優勝を信じて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。