たらればで虚しくワクワク・カープについて妄想的に語る

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらればで虚しくワクワク


FA制度と怪我がなければ、カープはすごい打線になっていた。

走れる打てる選手が沢山カープにはいた。FAで出て行った江藤智選手は長距離砲にして盗塁も2桁できる選手。

FAで出て行った金本知憲選手、引退した野村謙二郎選手はともに3割30本30盗塁を達成したがその後野村謙二郎選手は怪我で成績が落ち込む。

怪我をした前田知徳選手は怪我する前は3割30本30盗塁を目指せる選手、また緒方孝市選手も怪我さえなければそうだ。これだけ3割30本30盗塁の素質をもった選手が同時期にプレーしてたのも驚きだ。ああFAと怪我が恨めしい。
Copyright © 広島CARPの優勝を信じて All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。